著作権に反するケース

法律のあるところ、違反が発生するとも言えます。それは、法律がルールを規定しているものであり、社会を営んでいる以上、仕方のないことでしょう。実際、なにげにしていることでも、法律行為として認められていることであり、たとえばスーパーでの買い物は、売買契約であり、民法の契約自由の原則に沿った行為となっています。
これを鑑みれば、著作権には、著作権法があり、これに違反をすれば、それなりの罰則を受けることになります。著作権は、オリジナル作者の死後、半世紀もの間認められるため、非常に大事な権利と言えます。もちろん、著作権と商用音源においても、著作権法が適用され、音楽家と音楽プロダクションは、著作権法に基づきながら、自らの行為を行なっています。しかし、一般には、どういうケースが著作権法に触れるのかなどが、あまり知られていないかもしれません。ここでは、著作権に違反するケースを一般的な立場から見てみます。
まず、あるシンガーの気に入った曲をMP3でコピーし、私的なホームページに掲載したとします。この場合、著作権法に違反するかと言えば、当然違反します。コピーをし、それを無断で公開したことが問題となります。仮にシンガーや音楽プロダクションから許可を得たのであれば、なんに問題もありません。しかし、掲載する場合、金銭対価が発生するか否かは、許可を求める時に確認すべきでしょう。
また、ある好きな曲を集めたCDを作成したとします。曲順を自分なりに変え、その曲のつながりが気に入ったので、あるパーティーで公開したとします。これは著作権に違反するでしょうか?当然、これも著作権に違反すると言えるでしょう。たとえば、オリジナルCDであれば、パーティーなどで掛けることが想定されているため、そのままのCDを利用すれば、問題ないでしょう。けれども、上記のケースで最大の問題は、コピーしたということです。たとえ、順番を自分の好きにしたとしても、オリジナルの部分が大きいため、これは許されないでしょう
以上から類推できるかもしれませんが、著作権の基本は、コピーを許可するか否かです。さらに、それを公開するか否かにあり、仮にコピーを公開したいのであれば、オリジナル製作者などにその旨の許可を求めることが重要となります。くれぐれも、自分で作った音楽CDだから、あるいは、音楽ファイルだからと言って、勇み足をしないようにしましょう。

inserted by FC2 system